本記事は2022年1月に更新・作成した記事です。

仮想通貨ORBS(オーブス)とは?

仮想通貨Orbsは、2019年3月に立ち上げられたイスラエルのブロックチェーン企業です。

Orbsの特徴として、バーチャルチェーン(仮想チェーン)間を分離することでスケーラビリティを改善し、低コストな料金でサービスを提供でき、開発者により使いやすいように、javascriptなどの言語でスマートコントラクトを提供できます。

開発当初は大企業パブリックブロックチェーンインフラストラクチャの開発に集中していましたが、この市場が拡大するにはまだ早いと判断し、2022年1月現在Orbsは、市場規模が急成長している分散型金融(DeFi)アプリケーションに焦点を当てています。

特別に設計されたパブリックブロックチェーンインフラストラクチャでしたが、現在はDeFiを中心に開発し、イーサリアムなどのレイヤー1(L1)、レイヤー2(L2)に付加価値を創出するレイヤー3(L3)として、DeFIやNFTの分野でユーザビリティの向上や新しい革新的なサービスを開発しています。

要注目!仮想通貨ORBS(オーブス)の特徴

重要!新しい概念のレイヤー3(L3)

OrbsのL3は、L1(イーサリアムなど)およびL2(アバランチなど)チェーンと連携して動作する新しい概念のレイヤーでアプリの開発支援やユーザービリティー向上を支援します。

L1(イーサリアムなど)のセキュリティレイヤー

L2(Avalanche)はトランザクションの処理などのスケーラビリティレイヤー

L3のOrbsはL1のセキュリティを利用し、L2のスケーラビリティを引出し、Orbs独自のスマートコントラクトを展開

引用元リンク先:Orbsハイブリッド・アーキテクチャーがDeFiのゲーム・チェンジャーになるには


収益を上げることは一種の分散型ヘッジファンドであり、ユーザーはボールト内に資金を預け入れ、ボールトにお金を管理させて利回りを生み出すことができます。ただし、EVMの機能には制限があるため、戦略はかなり単純になります。大部分のボールトはLPトークンを受け取り、報酬を獲得し、報酬を売買し、さらにLPトークンを購入し、投資を繰り返すだけです。

EVMは昨日は非常に制限されていて、ボールト戦略は非常に単純である必要があります。OrbsのL3を使用すると、ボールト開発者はより高度な戦略を実装できます。たとえば、APYに応じて複数のポジション間を自動的に通知したり、最適なタイミングでローンを組んでレバレッジを追加したりできます。この動的なインフラストラクチャにより、利用ユーザーの収益を向上させ、より多くの収益を生み出すことができます。

また、2022年1月にポリゴンチェーンで業界初のマルチチェーン・ステーキングに対応すると発表されました。
今後は手数料の安いポリゴンで実装予定です。

マルチチェーン・ステーキングについての詳細は以下記事ご参照ください。

仮想通貨ORBSの仮想チェーン(バーチャルチェーン)

仮想通貨ORBSは仮想チェーン(バーチャルチェーン)という技術を採用しています。
仮想チェーンは各チェーンが別々に独立して実行し、各リソースで処理され、理論上は無制限の数の仮想チェーンをネットワーク上で並列処理できるため、問題視されているスケーラビリティ問題を解決できます
分散型台帳も独立して保守、管理することで、ネットワーク全体のセキュリティと分散化を実現しています。

※ネットワークの高負荷発生時に、データ処理速度の低下により送金の遅延、手数料の高騰化が発生する問題です。

分散型プラットフォーム(dapps)

ORBSは分散型サーバーレスクラウドを提供するプラットフォームです
開発した各アプリケーションは完全に分散化し、ブロックチェーンによりデータが証明されます。
orbsブロックチェーンで実行されるネットワーク使用料はorbsで支払いを選択でき、これによりorbsの価格の上昇が見込めます。
さらにプライベートチェーンから利用し、後でパブリックに切り替えることが可能なため、企業向けの許可制のアプリケーションの開発にも対応しているので企業側も導入しやすいプラットフォームです。

https://www.japan-true-guardian-orbs.com/wp-content/uploads/2021/11/IMG_4977-460x460.jpg
Dクル

具体的にはどういったサービスなんだろう?

分散型プラットフォームをわかりやす例でいうと、AWS(アマゾンウェブサービス)です。
AWSはサーバーのリソースを意識せずに、サーバーの管理・運用することで、堅牢性の高いセキュリティ、柔軟性や拡張性優れ、導入コスト・人件費の削減できます。
AWSのような中央集権型サービス(サーバーが同じ拠点)で大規模な障害が発生した場合、サービスを利用している企業は障害の影響をうける可能性が高いです。しかしORBSの分散化されたブロックチェーン基盤のプラットフォームは完全に分散化されていて、こういった障害の影響されにくいよう開発されています。

また障害時にリスク分散することで信頼度も高く、定期的に最新バージョンにアップデートに対応していることから、金融機関などの機密性の高い起業も導入しています。

AWSのような中央集権型サービス(サーバーが同じ拠点)で大規模な障害が発生した場合、サービスを利用している企業は障害の影響をうける可能性が高いです。しかしORBSの分散化されたブロックチェーン基盤のプラットフォームは完全に分散化されていて、こういった障害の影響されにくいよう開発されています。

引用元リンク先:Orbs公式はこちら

仮想通貨ORBS(オーブス)のエコシステムと流動性の拡大

特に最近では流動性の拡張、エコシステム拡大に力をいれています。そして2022年1月に、ポリゴンでブロックチェーン業界初のマルチチェーン・ステーキングに対応すると発表されました。

さらに一つのチェーンにとらわれず、あらゆるエコシステムと統合できるように設計されていることから、相互互換性に優れているレイヤー3のOrbsは、今後さらなるエコシステムの拡張が期待できます。

2022年1月現在は、FTX、Bithumb、Gato ioなどのCEXの他に、Ethereum、BSC、Polygon、Solana、Avalancheと提携し、UniSwap、SushiSwap、PancakeSwap、Kyber Networks、1inch、Alpaca Finance、Beefy Finance、QuickSwap、DinoSwaなどのDEXでも利用できます。

引用元記事リンク先:OrbsがAvalancheに登場!

仮想通貨Orbs(オーブス)の将来性と今後の展開

レイヤー3

Orbsは今後もっとも成長性のある市場のDeFiアプリケーション開発に力をいれ、革新的なレイヤー3(L3)を開発しています。

レイヤー3(L3)は既存のレイヤー1(L1)、レイヤー2(L2)に付加価値を創出するアプリケーションの開発し、ユーザービリティーやアプリの価値向上を目的としています。

・無料で利用
・ アラート設定
  幅広いチェーンに対応
( イーサリアム、BSC、Polygon など)
・ 投資家がより戦略的な取引が可能

引用元リンク先:Open DeFi Notification

注目のプロダクトは「Open DeFi Notification」です。

これはブロックチェーンメディアで話題となり、多数の記事で紹介されています。

Open DeFi Notificationは、どのDeFiプロジェクトでも、累積保留報酬、価格変動、清算リスク、ストップロス、コントラクト・アップグレード、新しいガバナンス投票などの重要な事象に関する無料のモバイル通知をユーザーに提供することができます。

より洗練された高度なDeFi戦略が可能になると同時に、各プロジェクトのアプリを起動しなくてもよく、アプリ一つで完結するため利用者は時間の節約にもなります。



多種な機能があるのですが、一例としてご紹介すると、イーサリムの指定したガス代価格に下がった時に携帯に通知させることができ仮想通貨初心者の方にも利用しやすいインターフェイスになっています。

しかも完全無料、広告なし、登録するのはウォレットアドレスだけなので設定は2分ほどで終わります。
動画にしたのでぜひご覧ください。


DeFi NotificationはOrbsが開発しているアプリになります。
バイナンスとOrbs提携して立ち上げた、DeFi.orgでも紹介されています。
このアプリはガス代の通知だけでなく、価格を指定して通知設定、リワードの設定など幅広く対応しています。

今までイーサリアムのガス代が高くて送金できない、送金するのに2万円もかかる、claimするだけで何万円もかかる。
1日の最低価格と最高価格差が数倍もあり、いつ自分の許容できるガス代になるかわかりません。

もしあなたの希望のガス代の価格になった時に

リアルタイムで携帯に通知がきたら節約できると思いませんか?

これらの全ての悩みを解決できるアプリなのでぜひご活用してみてください。

■アプリインストール
・AppStore
https://apps.apple.com/il/app/defi-notifications/id1588243632

・GooglePlay
https://play.google.com/store/apps/detailsid=com.orbs.openDefiNotificationsApp




総額200億円以上(200M$)! Orbs エコシステム助成金プログラム

DeFi エコシステムと統合して流動性を広げ、提携先を増やしエコシステムが大きく拡大しています。
そんな中、ついにORBS(オーブス)ホルダー待望のOrbs エコシステム助成金プログラムの受付開始しました。
エコシステム助成金プログラムとは、Orbsネットワークを利用するプロジェクトを募集し、法定通貨、BTC・ORBSなどで開発支援するプログラムです。
そして第一次審査の発表が年内に発表になります。
エコシステムの審査結果発表は価格に影響するケースが多いので公式発表に注目しましょう。
詳細は以下記事をご覧ください。


引用元リンク先:Orbsエコシステム助成金プログラム 第二期受付開始

仮想通貨ORBS(オーブス)の購入方法

ORBSは 複数の取引所に上場しています。
取扱取引所は以下画像をご確認ください。

引用元:https://coinmarketcap.com/ja/currencies/orbs/


その中でもオススメの取引所はGate.io です。

Gate.ioはORBS/USDTを購入でき、顧客情報と資産のセキュリティは常に最優先事項で対応し、利便性が高い取引所です。さらに取扱銘柄も多く、IDOやICOで初上場時に利用される可能性の高いので開設をオススメしています


・取扱銘柄数は1000種類以上
・224か国で対応
・毎日の取引量が120億ドル以上
・堅牢性の高いセキュリティ
・取引手数料は取引量によって割引






ORBS(オーブス)ガーディアンとして活動します。

https://www.japan-true-guardian-orbs.com/wp-content/uploads/2021/11/IMG_4977-460x460.jpg
Dクル

ガーディアンの役割であるネットワーク維持とコミュニティ発展、ORBSの認知度向上のため活動していきます!

長期的な活動継続のため、ORBSの認知度向上、日本コミュニティ発展の為に活動しています。
サポート頂ける方はガーディアン【JAPAN(Dクル)】へ委任いただけましたら幸いです。

アドレス→【0x5320a3141fe602909ad7a8bb811a38b44f1584d9】

誰でも簡単にわかるORBS(オーブス)ステーキングとは?


年利最大8%!ORBS(オーブス)ステーキングとは?

ORBS(オーブス)のアルゴリズムはプルーフ・オブ・ステー(POS))です。
簡単に説明するとトークンを保有し、指定のウォレットから接続するだけで、ウォレットの保有残高に応じて報酬を配布する仕組みです。
年間最大8%の報酬を配布しています。(参考:ADAの報酬は5%前後)

公式サイトはこちら

初めての方必見!すぐわかるORBSステーキング手順

ステーキングはたったの4ステップ

https://www.japan-true-guardian-orbs.com/wp-content/uploads/2021/11/IMG_4977-460x460.jpg
Dクル

ORBSの認知度向上、日本コミュニティ発展の為に活動しています。ORBSのステーキングはガーディアン【JAPAN(Dクル)】を選択していただけましたら幸いです。

  1. ORBS(オーブス)を購入
  2. MetaMask(メタマスク)に送金
  3. TETRAに接続
  4. ガーディアンを選択

    ステーキング前提条件
    ・ウォレット(メタマスクなど)を既に作成している
    ・ウォレット(メタマスクなど)にORBSを10,000枚以上、および、ガス代(ETH)を保有している


ガーディアンの選び方は以下記事ご参照ください。




上記前提条件を満たしている方はTETRAに接続します。





ステーキングするだけで150$相当のETHがもらえるキャンペーン実施中です。

以下記事ご参照ください。



METAMSK(メタマスク)を作成していない、または、ORBS購入方法がわからない方は以下公式サイトに手順が記載されていますのでご確認ください。

なお公式サイトではメタマスクはモバイルに対応していないと表記されていますが現在では対応済みになります。

▼メタマスクの作成方法はこちら(公式HP)
 マニュアル(動画) 




マニュアル(ブログ) 



▼TETRAの使い方
TETRAの使い方 ←こちらからアクセス

https://www.japan-true-guardian-orbs.com/wp-content/uploads/2021/11/IMG_4977-460x460.jpg
Dクル

ブログ・Twitter・LINEで最新情報をお伝えしています。よろしければ↓のTwitterアイコンからフォロー、LINEのお友達追加をお願いします♪

友だち追加
  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
TOP